法人概要Corporate

ご挨拶

 当協会は、2020年1月に鉄筋のエンクローズ溶接継手の施工と品質管理を目的とし設立した団体です。
 鉄筋の溶接継手は、長く特殊継手として、建設省の大臣認定として使用されていました。平成3年の建設省住指発第31号によって廃止され、鉄筋継手性能判定基準を満足していればよいことになりました。
 この間、鉄筋の溶接継手は、一般財団法人日本建築センター様や公益社団法人日本鉄筋継手協会様の任意の評定あるいは認定にて施工されておりました。
 また、「平成12年建設省告示第1463号(鉄筋の継手の構造方法を定める件)」が告示により溶接継手は一般的な継手として認知されたとし、従来工法のガス圧接と同等に扱うことができるようになりました。
 当協会では、前述の事情からME溶接継手工法が鉄筋継手性能判定基準のA級溶接継手の性能を有することを審査しました。同工法は性能を証するための試験データを確認し、過去に一般財団法人日本建築センター様や公益社団法人日本鉄筋継手協会様の評定又は認定を所得していることを確認いたしました。 審査の結果、10年以上の実績を持つME溶接継手工法を当協会の標準工法として採用をし、また当協会及びME溶接継手工法が定める品質管理体制の基準を満たす会社をME溶接継手工法A級継手施工会社として認定することといたしました。
 現状、様々な継手工法がございますが当協会の工法を広くご採用いただければ幸いです。

2020年1月
一般社団法人エンクローズ溶接協会
代表理事 江村明彦

会社概要

会社名 一般社団法人エンクローズ溶接協会
住所 〒372-0801
群馬県伊勢崎市宮子町1162番地20
TEL/FAX 027-329-7895
E-mail info@enclo.or.jp
設立日 令和2年1月22日
代表理事 江村明彦
理事の名簿等 斎藤透、吉田要、丹羽理志、吉本恵一、田中信吾、川俣直樹
目的 1.鉄筋継手に関する調査、研究および普及活動
2.鉄筋継手に関する工法及び施工会社の認定
3.鉄筋継手に関する技量検定の実践及び資格の認定
4.鉄筋継手の現場施工
5.鉄筋継手に関する指導及び相談
6.鉄筋継手に関する講習会及び会誌の発行
7.鉄筋工事
8.前各号に掲げる事業に関する業務の委託及び受託
9.前各号に掲げる事業に付帯又は関連する事業

リンク集

財団法人日本建築センター

社団法人日本溶接協会

財団法人日本建築学会

社団法人土木学会

国土交通省

NETIS新技術情報システム